最強のトランポ、コースターがモデルチェンジ

バイクを積んだまま、思い切り後部座席で寝れる。レイアウト次第で、チーム運営だって可能。そんなハイエースを越えるトランポ、コースターが24年ぶりにフルモデルチェンジ。

fullsizeoutput_9b

当然、我々の憧れ「ビッグバン」もAT2車種でラインナップ。コースターをトランポとして使うライダーたちにとって、今回のフルモデルチェンジの注目ポイントは3つです。

1. より広い室内空間を実現
フロントガラスの開口部を広げたことで運転席からの視界を拡大。また、正面から見ると、全体的に縦長だったのがより正方形に近くなり、見た目の圧迫感が、従来型と比べてより広々と感じられる車内になっています。

fullsizeoutput_9c

cst1612_17_s

室内高は60mm高くなって、189cmに。

2. 静かな車内と快適な乗り心地

fullsizeoutput_9e

リアとフロントタイヤには、車体の揺れや傾きを極力抑えるスタビライザーを装着。この手の足回り改善は、特にヘビーユーザーが想定されるコースタービッグバンでは、ありがたい性能向上。

3.高い安全性

cst1612_33_s

VSCと呼ばれる車両安定制御システムと、TRCと呼ばれるトラクションコントロールが標準装備。車の横滑りやタイヤの空転を抑え、車両の安定を確保します。

cst1612_29_s

また、環状骨格で4ヶ所支えられているので、横転時にも車体がつぶれづらく進化。重量車のバーストからの横転事故は、他人事ではないですよね。

TOYOTA
コースター COASTER
価格:¥5,735,000(税抜)から
カラー:ホワイト/ラベンダー、ホワイト/ベージュ、ホワイト

TOYOTA

The following two tabs change content below.
しみちゃん

しみちゃん

株式会社アニマルハウスでアルバイトとして働く大学4年生。モトクロスやエンデューロ観戦が趣味ですが、バイクは原付しか乗れません。ブログ「しみちゃん Photo Blog」もやってます!