CASIOの新スマートウォッチが,オフロードバイクに使えそう!

CASIOの新スマートウォッチが,オフロードバイクに使えそう!

林道ツーリングやラリー競技などで重宝しそうなアイテムが発表されました。しかも、みんな大好きカシオから、プロトレックブランドで!

wsd-f20-rg_frontwsd-f20-bk_front

CASIO
WSD-F20
価格:¥51,000(税抜)
発売日:4月21日
カラー:オレンジ、ブラック
付属品:ACアダプター、専用充電ケーブル

CASIO

オレンジもありますね。大事なことなので、二度言います。オレンジがありますよ!

このWSD-F20は、昨年リリースされた同社のアウトドアウォッチ、WSD-F10から大きな進化を遂げています。
何と言っても一番のポイントはGPS機能を内蔵しているところで、単体で地図機能を使うことができるんです。

gui_clm_satellite

オフラインで使用できる地図にはMapbox社の地図データが採用され、CASIOオリジナルの「ロケーションメモリー」機能を使って地図上に文字やマーカーを記録することもできます。

gui_google_map

また、OSにAndroid Wear™が搭載されていることからGoogleMap™を利用することも可能。さらに旧モデルではiPhoneとの連携に制限があったところ、新モデルはほとんどのアプリを使用できるようになっているとのこと。

gui_google_navigation
もちろんツーリングで便利なナビ機能も。

GPS機能もアメリカの衛星に加え、日本の準天頂衛生「みちびき」、ロシアの衛生「GLONASS」(予定)にも対応しているため、ビル群や山間部など、従来の機器ではGPSが拾いにくいところでも、安定した位置情報を受け取ることができるとされています。
さらにこのGPSは低消費電力もウリの一つで、GPSを使いながらも電池は1日以上持つとのこと。夜に宿で充電すれば泊まりで長距離ツーリング、なんて時も問題なく使えそうです。

腕に装着してもいいし、オフロードバイクであればバーパッドに巻いて使うのも良さそうです。もちろん防水も5気圧まで対応していますので、突然の雨や、万が一水溜まりで転倒、なんて時も安心。

林道走行したいオフロードバイクユーザーならば、スマホをハンドルバーに据え付けておく怖さを知っていることでしょう。このプロトレックがあれば、かなりのシチュエーションでスマホの代用になってくれそうです。

The following two tabs change content below.
シャチ

シャチ

株式会社アニマルハウス所属。Enduro.J編集アシスタント。エンデューロ、クロスカントリー、モトクロスに参戦したり取材したりしています。