「JNCC2017はこう変わる」全エントラント確認必須の15項目!

「JNCC2017はこう変わる」全エントラント確認必須の15項目!

JNCCから2017年シーズンに変更となる規則やスケジュール15項目が発表されています。
以下に特に詳細補足が必要な項目のみ説明を加え、まとめていますので、JNCC参戦予定のライダーはご確認ください。

_q6t9181

1.レースガソリン「JNCC使用認可」決定!

一般のガソリンの他に、elfなどで市販されるレースガス、および飛行機向けの通称アブガスが存在しますが、どちらも専用のセッティングを必要とします。たしかに馬力は飛躍的にアップしますが、450ccをもてあますXCの世界でどこまで実戦で使えるのかは疑問が残るところ。4スト250ccでパワー不足を感じるトップクラスのライダーが、点火系統にまで手を入れることで武器にすることはできそうですね。GNCCでも、トップライダーはレースガスを使用しているライダーが多かったと記憶しています。
 
 

2.第3戦までの3大会で「キッズ&トライ」土曜開催 施行!

キッズ&トライのレースは日曜の朝早すぎて大変…! という意見もありますが、遠方からやってくるライダーには土曜日のお昼にレースは無理、という人も少なくなさそう。大阪、広島、鈴蘭と3大会でテスト実施し、好評であれば年間通して土曜日開催を継続ということなので、良い点、悪い点に関わらず皆さんどんどん声を上げていきましょう!
 
 

3.3クラス「昇格条件」見直し

AA昇格条件の一つ「シリーズ中一度はCOMP総合12位以上に入賞しなければならない」が「COMP総合10位以上」と厳しくなります。
また、FUN-A昇格条件の「クラス別ランキングにおけるFBクラスシリーズチャンピオン」が「GBクラス上位3名」に、FUN-WB昇格条件の「クラス別ランキングにおけるWDクラスシリーズチャンピオン」が「WDクラス上位2名」に変更になります。
 
 

4.FUN タイムスケジュール15分繰上げ

 
 

5.FUN-Aに「レジェンド」クロスオーバーを新設〜功績に敬意を払い「3年毎更新Myゼッケンナンバー」を付与!

 
 

6.AAのみ有効ポイント制廃止

これまで全9戦のうち8戦の有効ポイント制で年間ランキングが争われていましたが、AAクラスに限り全戦ポイント制になるとのこと。
 
 

7.AAクラスは「AA1」も「AA2」もAA1カラー「RED地/WHITE文字」に統一

 
 

8.AA1ライダーの「AA2」クラス移行条件を「過去3年間AA1ランキング5位未満」とする

 
 

9.Aクラス 馬場大貴 選手を「AA特別昇格」とする

昨年の斉木達也に続き馬場大貴がAA特別昇格! 2016年は怪我により4戦のみの出場でしたがその成績が優勝2回、2位1回、3位1回と優秀だったから、とのこと。これを受けて馬場大貴は2017年、MFJ全日本モトクロスとJNCCの年間フル参戦を宣言しています。


 
 

10.3大会以上「鈴木健二氏がコースレイアウターに参画」〜小池田猛氏はコースレイアウターを退任

2016年シーズンは小池田猛が九州、広島、ほうのき以外の大会でコースレイアウターを担当しましたが、2017年には鈴木健二が大阪、鈴蘭、ほうのき大会などでコースレイアウターを務めるとのこと。2016年ほうのき大会で多くのライダーを苦しめた「クリフハンガー」については迂回路の設定も考えられているようです。また、広島は5D前田啓介、月山はTeam MARKS長南達己が務めます。
 
 

11.ワークスピットの安全管理に向け「人員数制限ピットパス制」に

ピット内の事故を防ぐためにリストバンドを発行し、ピットパス制へ。リストバンドは対象車両数に応じて3枚、または5枚を発行。
 
 

12.WEBエントリー開始時刻を20:00から「19:00」に変更

 
 

13.エントリー締切日を大会12日前の火曜日

 
 

14.前日土曜日 大会受付時間の16:00から18:00を「15:00から16:00」に短縮変更

 
 

15.コース借料費高騰 補填 に向け「ほうのきスキー場」と「爺ヶ岳スキー場」の駐車料金を有料に

もともと有料のコースとしてはプラザ阪下とグリーンバレー森羅がありましたが、追加でほうのき平スキー場、爺ヶ岳スキー場が駐車料金500円となるようです。

The following two tabs change content below.
シャチ

シャチ

株式会社アニマルハウス所属。Enduro.J編集アシスタント。エンデューロ、クロスカントリー、モトクロスに参戦したり取材したりしています。