セロー250で挑む、日本のエンデューロ by 鈴木健二

セロー250で挑む、日本のエンデューロ by 鈴木健二

_Q6T0275

エンデューロをやってきた人間であれば、誰もが知る”キング”鈴木健二。今季はJNCCのFUN GPにセロー250で参戦しており、そしてJECの日高2デイズエンデューロにも同車で参戦を予定しています。

セローがフルモデルチェンジされた2005年、つまり第6世代以降は250ccとなって別のマシンになりました。それまでのセローは二輪二足と呼ばれるほど、極低速での扱いやすさとトルクフルさが売りで、逆に言ってしまえばトレッキング以外の用途をかなぐりすてたスペシャルモデルといっても、過言ではないのではないかと思います。この第6世代以降のセローは、レスポンスからパワーまで別物。正直、それまでのセローと比べたらめちゃくちゃに速いし、高速道路でもストレスはありません。

_Q6T7916

鈴木は過去にトレールWR250RでJNCCを席巻、全員スタートした後に出て全員抜きなんて所行もやってのけています。セローでFUN GPなら勝ってしまってもおかしくない、と思いきやそう甘くはなかったようです。

進化し続けている今季の鈴木セローを、解剖してみましょう。

_Q6T7589

_Q6T7582

全身のデカールは、NAグラフィックス製のワンオフ。トレッキング然としたセローをR仕様に衣替え。

_Q6T7549

爺ヶ岳ではワイズギアのエキゾーストを使っていましたが、鈴蘭からDELTAに換装しています。車体後端部の軽さは圧倒的です。

_Q6T7552

レアルエキップのバックステップ。コンパクトなポジションを、少し大きく。

_Q6T7554

ワイズギアで売れているというパワービームを装着。フレームの剛性を向上することで、高速道路などでの安定性が上がるようですが、セローのスタンダードでは剛性不足になりがちな部分を補う形に。

_Q6T7556

ジグラムローターで、前後ブレーキは強化。

_Q6T7564

こちらはマル秘テク。ダウンフェンダーのセローに合うフェンダーは、ランツァーのものだったそうです。

_Q6T7560

空冷を効かせたりして。

_Q6T7591

_Q6T7593

リアサスペンションにはテクニクスの先行モデルであるTGRが鈴蘭から装着されました。

_Q6T7575

こちらです。リアサスペンションの容量をアップ。これはセローオーナーにも朗報ですね。

The following two tabs change content below.
ジャンキー稲垣

ジャンキー稲垣

株式会社アニマルハウス代表・編集。Enduro.J主宰。国内外のエンデューロを中心に取材活動をおこなっています。17' KTM 250EXC、グランドワゴニアオーナー。2ストとV8で、ご飯3杯食べれます。メールはこちらへ