あまり知られていないようですが…150XC-Wにはセルがつきますよ!

あまり知られていないようですが…150XC-Wにはセルがつきますよ!

KTM_2017-125_XC-W_90_1200

EXC/XC-Wシリーズの登場が衝撃的すぎてあまり触れられていませんが…実はそうなんです。KTMの声明として200EXCを150XC-Wにリプレイスしたと言っているだけあって、150XC-Wにはセルがスタンダードで付いています。

昨年新型のSX125がリリースされたときに、セルがつくのかつかないのか、あまりはっきりしていませんでしたが、つまりは共通のクランクケースを使うSXシリーズにも、はたまた125XC-Wにも、あとづけでつくということになりますね。しかし、こうなると俄然150人気が高まりそうですね。

日本では、特に125cc近辺の2ストロークをビギナーレベルが好む傾向にあって、古くから「キックがいかに軽いとは言っても、斜面で足が付かない時にセルがほしい!」という声がああがっていましたし、この声にこたえてKTMやハスクバーナディーラーではセルが最初からついている125EXCを販売するキャンペーンを展開してきました。

The following two tabs change content below.
ジャンキー稲垣

ジャンキー稲垣

株式会社アニマルハウス代表・編集。Enduro.J主宰。国内外のエンデューロを中心に取材活動をおこなっています。17' KTM 250EXC、グランドワゴニアオーナー。2ストとV8で、ご飯3杯食べれます。メールはこちらへ