時代はキックなしへ。'18 CRF450RXが海外で発表

時代はキックなしへ。’18 CRF450RXが海外で発表

昨年、満を持して発表されたホンダのクロスカントリーマシンCRF450RX。リチウムイオンバッテリーを採用したセル付きエンデューロウエポンとして釘村忠をはじめ、多くのエンデューロライダーに支持されています。
その2018年モデルが、まずはUSホンダから発表されました。

2018 Honda CRF450RX

CRF450RX 2018

写真からもわかるように、もっとも大きな違いはキックペダルが撤去されたこと。17モデルのリリースから一年が経過し、リチウムイオンバッテリーの信頼性が十分に確保できた(モトクロスのTeam HRCでは、グローバルでキックスターターを廃しています)ことで、軽量化のためにキックペダル撤去に踏み切ったようです。また、サスペンションのセッティングが見直されより軽快なコーナリングに寄与、エンジンもより扱いやすくなるように、ECUの設定が変更されているとのこと。

このリリースにCRF250Rが無いこと、次戦全日本モトクロスのIA2に勝谷武史がCRF250RW(Wはファクトリーマシンの称号)でエントリーリストに載っていること…おおいに期待しちゃっていいんじゃないでしょうか!!

The following two tabs change content below.
シャチ

シャチ

株式会社アニマルハウス所属。Enduro.J編集アシスタント。エンデューロ、クロスカントリー、モトクロスに参戦したり取材したりしています。