KTM、話題の2ストEFIは「半」直噴エンジンの可能性

KTMの2ストEFI化に盛り上がるエンデューロ関係のSNS。オイルのインジェクターは? TPI(トランスファー・ポート・インジェクション)とは何? 小出しの情報に、疑問が渦巻いております。

昨日、Enduro.JではE-magで推測記事を書きました。

で。一晩明けて、様々なメディアで報じられたり、論じられたりしているわけですが、そのなかでも目を惹いたのは日本でもおなじみのダートバイクテスターである、ジミー・ルイス氏の記事です。

Some sources have said there are actually four injectors on this bike. The line art shows two clearly mounted on the side transfer ports of the cylinder.

Read more at http://dirtbiketest.com/fresh-dirt/ktm-fi-two-stroke-info-the-scoop-on-tpi-transfer-port-injection/#yiAQiSfZEW7CxOTJ.99

DIRT BIKE TESTより引用

こちらで触れられているのは、このバイクには4つのインジェクターがあるという「噂」。そして、発表されている線画に、明らかにシリンダー内部への何らかの装置があること、おそらくそれが「トランスファーポート・インジェクター」、つまり掃気ポートインジェクターであるとの見立てが記述されています。

KTM EXC 2018_engine

ここのことですね。
掃気ポートはシリンダー両側にあるので、左右で2つの掃気ポートからインジェクションされることになるでしょう。いわゆる直噴とは違います。4ストでいうポートインジェクションに近いものかなと推測します。ケースリードバルブにおいてスロットルボディから噴射されることによる、未燃焼ガスがポートインジェクションで軽減されること(タイミングをより正確に図れる)、それに加えて2スト特有のレスポンスを演出するための措置なのではないかと推測します。

ちなみに、2015年にHondaは直噴2ストロークエンジンでパテントの出願をしています。

20150723071200

US20150184574

こちらでも、やはり掃気ポートでのインジェクターが提案されていますね。ただし、このエンジンはなんとクランクから、ヘッドにロッドを伸ばしていて、ヘッドにバルブを設けています。正直、ここまでやったら4ストロークに近い重量になってしまうでしょう。なお、このHondaのエンジンにはスロットルボディからのインジェクションはありません。

オイルインジェクターに関しての考察

There is a tube on top of the reed block that could ideally be the position for this oil to flow. Some more advanced designs would have the oil flowing in through the crank center to the big end of the rod but that is complex. Keeping the two-stroke simple has been one of KTM’s main objectives. So why not mix the oil and gas before injection?

Read more at http://dirtbiketest.com/fresh-dirt/ktm-fi-two-stroke-info-the-scoop-on-tpi-transfer-port-injection/#yiAQiSfZEW7CxOTJ.99

DIRT BIKE TESTより引用

ジミーは、オイルインジェクターに関してはリードバルブのブロックにインジェクターがあるのではないかと推察しているようです。

当然、2ストはクランクもエンジンオイルで潤滑をまかなっているため、スロットルボディ方向からオイルを供給するべきでしょう。また、オイルを噴霧するわけにもいかないので、おそらくガソリンとミックスしたものをインジェクターから噴くか、オイルのインジェクターと別にインジェクターが備わっているものと考えられます。

また、KXシリーズのように、エアダクトに高速域用のインジェクターがある可能性も、ありますね。

なお、2ストFIエンジンは新しいものではなく、直噴エンジンもすでに市販化されています。↑はSKI DOOのスノーモービルのエンジン。オイルはクランクに直接潤滑

YZ250のEFI化。かなり安定してますよね

エンジン屋アテナのFIキット

The following two tabs change content below.
ジャンキー稲垣

ジャンキー稲垣

株式会社アニマルハウス代表・編集。Enduro.J主宰。国内外のエンデューロを中心に取材活動をおこなっています。17' KTM 250EXC、グランドワゴニアオーナー。2ストとV8で、ご飯3杯食べれます。メールはこちらへ