RM-Z450は、フルモデルチェンジ!? MXGPファクトリーバイクがお披露目に

代表戸締役、ジャンキー稲垣です。おはようございます。マシンフリークとしては、いちはやくスクープを打ちたいネタが飛び込んできました。

2017シーズンMXGPを戦うRM-Z450WS(ファクトリーマシン)が、海外でアンベイルされました。溶接痕生々しい、フルモデルチェンジ。これは、おそらく2018年モデルとなることでしょう。スズキとしても、2018RM-450WSと、大々的に銘打っています。

ライダーは、K・ストライボスとA・ジャシニコス。

2017-mxgp-photoshoot--strijbos-rmz4501 (1)
※↑クリックすると、おおきな画像になるようにしました!

ブルーのシート、カッコイイ…。とか言ってる場合じゃ無いですね。

スクリーンショット 2017-02-04 9.46.23のコピー

プラスチックパーツが一番わかりやすいのと、おそらくアルミから樹脂に変更されたかと思われるタンク。そして、フレームの断面形状がまったく17モデルから異なっています。少しエッジの効いた形で、剛性を確保しているように見えます。近年では珍しい方向性ではないかなと思います。

スクリーンショット 2017-02-04 9.45.18のコピー

エンジン上部のカゴ部分も、太くなっていて剛性を上げている模様。

スクリーンショット 2017-02-04 9.45.34のコピー

ウォーターポンプまわりのカバー形状が変わっています。特に、ペラにまたぐカバーの存在が気になりますね。

スクリーンショット 2017-02-04 9.45.47のコピー

Rブレーキマスターは、破損しづらい形状に。

スクリーンショット 2017-02-04 9.46.03のコピー

スイングアームは、これまでスズキはエッジのあるタイプを採用してきましたが、丸みを帯びたものに。国産他メーカーと同様の処理になりました。おそらく、製法が変わったのでは無いでしょうか。

スクリーンショット 2017-02-04 9.46.12のコピー

リア周りもごっそり変わりましたね。ゼッケン小さくなりました。

スクリーンショット 2017-02-04 10.05.50のコピー

エンジンの搭載角度が少し立ったように思えます。あくまで見た感じです。エンジンマウントが追加されていること、前作と同様にセルモーターのつくスペースが確保されています。この形でも、エンデューロモデルを販売するのでしょうか。そこ、大事ですよね。

スクリーンショット 2017-02-04 10.06.15のコピー

クランクケースの形状も、変更されています。あくまで見た目ですが、シリンダー下の部分が少し伸びていて、ボ×ストロークの変更がありそうな気配です。

2017-mxgp-photoshoot--strijbos-rmz4503 (1)

構造や、構成面でドラスティックな変更を受けているようには見えません。熟成のフルモデルチェンジといったところでしょうか。

The following two tabs change content below.
ジャンキー稲垣

ジャンキー稲垣

株式会社アニマルハウス代表・編集。Enduro.J主宰。国内外のエンデューロを中心に取材活動をおこなっています。17' KTM 250EXC、グランドワゴニアオーナー。2ストとV8で、ご飯3杯食べれます。メールはこちらへ